家庭で準備できる備蓄用品の基本をまとめたサイト

>

食べ物を確保しよう!安心の食料備蓄

どうやって選ぶ?非常食の選び方

非常食と聞くと、乾パンや缶詰の食品を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
最近では、非常食には様々なバラエティがあります。
例えば、アルファ米と呼ばれる非常食。味のバラエティも豊富で、少量のお湯か水があれば食べることができます。
また、保存用に作られているカレーとライスのセットなどもあります。温めても食べられますが、開封するだけで食べることができるという便利な商品です。
非常食は、常温保存ができ、保存しておける期間が長いことが重要です。また、災害時はストレスやショックで食欲が出にくいこともありますので、なるべく味にこだわっておいしく食べられるものを選ぶようにしましょう。また、普段と同じように同じ量は食べられないので、なるべく栄養価の高いものを選ぶことも重要です。

普段の生活から備蓄をする方法

皆さんは、ローリングストック法という備蓄方法をご存知でしょうか?
ローリングストック法とは、普段の生活で作り置きなどの食料備蓄をしておき、それを消費しながらまた作り置きをする、というものです。
売られている非常食に比べると、保存期間は短くなります。料理によって3日から一週間程度というところでしょう。しかし、普段と同じものが食べられるという点では市販の非常食よりも満足度は高いでしょう。
また、常に作り置きをすることで、自炊の習慣が付きます。経済的にも助けになるので、おすすめです。
作り置きの方法やメニューについては、インターネットで検索すると色々なレシピが出てきます。普段から作りやすいレシピなどを見つけて、ぜひ実践してみてください。


この記事をシェアする