家庭で準備できる備蓄用品の基本をまとめたサイト

>

シミュレーションがカギ!もしも災害が起こったら

気になる防災セットの中身とは?

災害時に必要になる防災グッズには様々なものがあります。
最低限何を準備しておけば良いのか分からないという人には、特に防災セットがおすすめです。インターネットのオンラインショップやホームセンターなどで販売されている防災セットには、一体何が入っているのでしょうか。

防災セットには色々な種類がありますが、いざという時に持ち出しが簡単なリュックサックタイプのものが一般的です。リュックサックの中に防災グッズが入っているタイプですね。
中に入っているのは、水や保存食などの飲食物の他に、照明器具やラジオ、簡易トイレなどが入っています。
他にも、身体に巻くことで身体を温めることができるレスキューシートや、カイロなど、冬場に起こる災害の時にも役立つグッズが入っています。

防災セットのメリットとデメリット

持ち出しが簡単で、飲食物から日用品までが幅広く入っている防災セット。
災害時に必要なものが一通り揃っている上に、自分で必要なものを調べて準備する手間も省けるのが嬉しいですよね。
しかし防災セットは基本的に一人用のものが多く、もしも家族がいる場合に一つだけでは足りないこともあるので注意が必要です。
ラジオや懐中電灯などの照明器具などは、複数人で一つのものを使い回せますが、飲み物や食料、寝袋、トイレ用品などは使い回しができないので人数分を用意する必要があります。
自分だけでなく、家族の分も含めて防災セットを準備する必要があります。防災セットの中身を参考に、必要なものを買い足すという方法を取ることもできます。


この記事をシェアする