災害時に向けて備えておきたい!家庭の備蓄用品情報

家庭で準備できる備蓄用品の基本をまとめたサイト

シミュレーションがカギ!もしも災害が起こったら

ホームセンターやインターネットの通販などで、防災セットと呼ばれる商品が販売されているのをご存知でしょうか。 ここでは、災害時に「これさえあれば!」という商品を集めた防災セットについて、そのメリットやデメリット、商品の内容などを含めて詳しく掘り下げます。

どうする?水の確保と備蓄方法

災害時において重要なのは、水を確保すること。 特に、夏などの暑い季節では、水不足からくる脱水症状は命に関わる重大な問題になります。水道が復旧するまでの期間で使う水を確保するためには、普段から備蓄しておくことが重要です。 水の備蓄方法についてまとめました。

食べ物を確保しよう!安心の食料備蓄

どこかで大きな災害が起きると、防災の大切さがメディアで大きく取り沙汰されるものです。 その時は不安になり非常食を買いだめしても、気づけば忘れて賞味期限が切れている、なんて人も多いのではないでしょうか。 ここでは、非常食の選び方と備蓄方法について見ていきます。

手軽に備える!防災セットの活用

毎年、全国各地で数多くの自然災害がニュースで話題になっています。

日本は地震大国。この先も、地震は必ず起こります。
また最近では、豪雨や台風による被害なども大きくなってきており、様々な自然災害に対して備えておく必要があります。
過去の被害を教訓にして、少しでも各家庭での備えを万全に近づけること。それが我々にできる、自分の命を守るための行動です。

そこで大切になってくるのが、シミュレーション。
過去に災害にあったことがある場合は、その時の経験を思い出してみてください。ライフラインである電気、ガス、水道が復旧するまでには、どのくらいの時間がかかったでしょうか。ライフラインが遮断されたことによって、どんな不便があったでしょうか。
最近では、過去に起こった災害の被災体験などをインターネットで調べることもできます。
例えば、夏に起こった災害と、冬に起こった災害とでは、対処すべき問題が大きく違っています。もしも夏に災害にあい、ライフラインが遮断されたらどうなるでしょう。高い気温への対処、腐敗の進みやすい食料の処理、雑菌やウイルスの繁殖などが大きな問題です。逆に冬に災害にあった場合は、暖を取る手段の確保が何より重要になります。ライフラインがなくなっても暖を取れる方法を見つけなければなりません。

家族構成、年齢、ペットの有無など、各家庭によって状況は様々。それぞれに合った備えをするためにも、具体的なシミュレーションが必要になってきます。

おすすめリンク

災害用トイレの選び方

買うべきなのはどんな災害用トイレ?使う時に後悔しないための選び方をご紹介いたします。